バイク屋さんの日常、あれこれ、店主daiのこと


by daifuku34
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブレーキフルード

「ブレーキパッドの交換ごとにブレーキフルードも必ず替えます」とSNSで書きましたが、もっと小まめに管理してもらいたいと店主に言われました。
書き方難しいです002.gif
「ブレーキフルードの交換、せめてブレーキパッドの交換の時は必ず替えましょう」というのが店主の考えです。

ベーパーロックの動画を見せつつ、朝から色々教えて貰いましたが、ブレーキって本当に大事ですよね。高速走行時にベーパーロックになったことを想像しただけで背筋が凍ります。

特にバイクは身体をむき出しにして乗るので、出来る限りのことをして安全に乗ってほしいと心から願います018.gif


以下 引用ですみません(専門用語使えない嫁です🙇)
グリコール系のブレーキフルードは吸湿性が非常に高く、水分を含むと沸点が著しく下がり(JIS 3種、DOT 3、BF-3クラスのフルードは、良い状態で沸点が200℃以上であるが、水分を含むにつれ、限りなく140℃に近づいていく)、それほど強いブレーキングでなくてもベーパーロックが発生しやすく、その後も気泡が消えにくくなるため、ブレーキ力が回復しない。それを避けるため、走行距離が少なくても定期的にフルードを交換する必要がある。

また、DOT3に比べDOT4、さらにDOT5など、より沸点の高いブレーキフルードほど水分による影響を受けやすく、性能の低下も大きくなるため、交換周期に気を配る必要がある。



[PR]
by daifuku34 | 2016-02-25 09:27 | 日々のこと | Comments(0)